台所のリフォームはオープンかクローズか

キッチンのリフォームをする場合、オープンキッチンにするかクローズドキッチンにリフォームするか、という悩みがあります。オープンキッチンというのは、他の部屋との空間が、壁などで遮断されていないものを言います。クローズドキッチンというのは、他の部屋とは、壁で遮断されているもののことを言います。
昔の家は、リビングは畳でした。それに対して、キッチンは畳ではありませんでした。この床の違いを考えれば、どうしてもキッチンはクローズドになります。
しかし、最近の家では、リビングもキッチンもフローリングにしているお宅が多くなっています。それに伴い、キッチンもオープンキッチンにリフォームしている方が多くなっています。オープンキッチンの場合は、リビングにいる家族とのコミュニケーションが取りやすくなります。
だからといって、クローズドキッチンがよくない、というわけではありません。キッチンで料理をしていると、どうしても水や油がはねます。クローズドキッチンの場合、その被害をキッチン内だけにとどめることができるのです。また、料理をしていると、煙やにおいが伝ってきます。オープンキッチンですと、それがダイレクトにリビングにまで来てしまいますので、クローズドキッチンにも利点はあります。