ハウスメーカーもたくさんあります

東日本大震災の未曾有の被害を見るまでもなく、わが国は地震大国です。
阪神淡路大震災を経験している関西人の私は、家の耐震強度というものについて、あの大きな揺れを実際に感じるまでは、何も考えることなく過ごしてきました。
いまや、地震の揺れから家を守るということは、家を建てたいと考える人にとって、内装や設備よりも最優先で考えなくてはならないことだと思います。
そんなニーズをハウスメーカーの方も充分感じているとみえ、最近はテレビコマーシャルを見ていても、地震に強い家を売りにしているところが多くなりました。
木でできた家は、揺れを吸収し、耐震強度が高いというハウスメーカーがあるかと思えば、コンクリートでできた家が丈夫だというところもあります。
実際には、揺れがどのようにくるかや、地盤がどのような状況なのかによって、耐震強度は違ってくると思います。
各社が競ってメリットを強調するなか、自分の家をもっとも地震に強い家にしてくれるのはどこなのか、それを見極める目が必要になってくるだろうと思います。