「住宅リフォーム」について

私は3年前に築15年の中古住宅を購入致しました。
築15年と言うと、「住宅リフォーム」をしなくてもそのままで住めるんじゃないの?と言われることが多いのですが、私が買った中古住宅は築15年と言えど雨漏りが発生するような家でした。
もちろん購入時には雨漏りなどはなかったのですが、買ってすぐに雨漏りが発生したのです。
そのため、引っ越し前に最低限の「住宅リフォーム」を行うことにしました。
雨漏りの修繕をしたのはもちろんのこと、雨漏りによって汚れてしまったふすまを取り換えたりしました。
それだけでなく売主さんが喫煙者だったため壁がすべてヤニ色になっていたので、クロスをすべて張り替えました。
それから、ロフトに上がる階段の角度が急だったので、もう少し緩やかなものに換えてもらいました。
洗面台も腐っていると言われたので交換しました。
また売主さんの家紋が入った仏壇置き場を取り壊して、小型のクローゼットにしました。
呪われるんじゃないかと心配しましたが、それは杞憂でした。
今は快適に暮らしています。